COLUMN

経営者が知っておくべき、最新の法律・税務情報を大公開!

経営者にとって、法律や税務の情報は常に注目すべき重要なテーマです。

特に2023年は、労働法やプライバシー法、知的財産法などの改正が予定されているため、注意が必要です。

そこで今回は、経営者が知っておくべき、最新の法律・税務情報をお届けします。

【法律情報】

労働法改正に関する最新情報

2023年は、労働法改正が予定されています。改正のポイントとしては、次のようなものが挙げられます。

1.労働時間規制の緩和

2.最低賃金の引き上げ

3.雇用形態の多様化への対応

労働法改正に関する最新情報としては、育児・介護休業制度の見直しが予定されています。

具体的には、育児休業の取得期間の最大期間が現在の1歳6ヶ月から2歳に延長される見通しです。

また、介護休業についても取得しやすくなるよう、取得日数の上限が引き上げられる見通しです。

さらに、最低賃金制度についても改正が行われます。

2023年10月から、最低賃金が引き上げられ、全国平均で時給1,100円以上となる見通しです。これにより、最低賃金未満の労働者が減り、労働環境の改善が期待されています。

ただし、企業側にとっては人件費の増加が課題となる可能性があります。

また、テレワークに関する制度の見直しも進められています。

労働者の自己申告によるテレワークが可能となる「自己申告型テレワーク制度」が2023年4月から導入され、企業が積極的にテレワークを導入することが求められます。

プライバシー法規制の強化に関する最新情報

プライバシー法規制の強化も2023年のテーマの一つです。

具体的には、EUのGDPR(General Data Protection Regulation)に近い規制が導入される予定です。

この改正により、個人情報保護の取り組みが企業にとってますます重要になってきます。

知的財産法改正に関する最新情報

知的財産法の改正も予定されています。

改正のポイントとしては、特許や商標などの申請手続きの簡素化や、著作物の保護期間の延長などが挙げられます。

知的財産の取り扱いに携わる企業にとっては、改正内容に対応するための対策が必要です。

外国人労働者に関する法的手続きの変更点について

外国人労働者に関する法的手続きにも、一部変更点があります。

具体的には、ビザの申請や在留資格の更新に関する規制の緩和などが挙げられます。

これにより、外国人労働者の雇用が容易になり、企業の人材確保にも役立ちます。

ただし、適正な労働環境を整備するためにも、労働法令に則った雇用契約の締結や労働条件の整備が必要となります。

【税務情報】

法人税に関する最新情報

法人税に関する最新情報としては、減価償却資産の取り扱いに関する改正が挙げられます。具体的には、2023年度税制改正により、資産取得時における減価償却資産の評価に関するルールが変更されます。

これまでは、減価償却資産を取得した際の時価評価が基準でしたが、改正後は取得原価での評価が基準となります。

このため、減価償却費の計算方法に影響を与えることが予想されます。

また、特別利益課税の対象となる特定金融商品取引法人についても、取引規模や総資産額などの基準が引き上げられる可能性があります。

企業は、これらの法人税に関する最新情報を踏まえ、節税対策を見直す必要があります。

所得税に関する最新情報

所得税に関する最新情報としては、以下のようなものがあります。

確定申告の締め切りの変更


2022年度から、個人の所得税の確定申告の締め切りが変更されました。

従来は、1月31日までに提出する必要がありましたが、新たに2月15日までの提出が認められるようになりました。

個人事業主の経費控除の見直し


個人事業主の経費控除について、一部見直しが行われました。

具体的には、交際費や娯楽費の控除が制限され、業務上必要な費用以外の経費の控除が難しくなる傾向があります。

積立金に対する課税の見直し


積立金に対する課税の見直しも行われています。

積立金とは、将来のリスクや不測の事態に備えて、将来のために一定期間にわたって貯蓄することを目的とした預金や保険などのことです。

これまでは、積立金の利益については非課税とされていましたが、2022年度からは一部課税されるようになりました。

配当所得に対する課税の見直し


配当所得に対する課税の見直しも行われています。2022年度からは、配当所得のうち、1,500万円以上については、従来よりも高い税率で課税されるようになりました。ただし、小規模企業については、特別措置が設けられる予定です。

これらの最新情報に対応するためには、専門家のアドバイスを受けたり、最新の情報を入手して、適切な節税対策を講じる必要があります。

消費税に関する最新情報

消費税については、特定の商品やサービスに対する税率の引き上げが予定されています。

具体的には、2023年10月からは一部の飲食料品に対する税率が10%から11%に引き上げられます。

また、軽減税率の対象品目の見直しも検討されています。

税務調査や税務署の対応に関する最新情報

税務調査や税務署の対応に関する最新情報として、オンラインでの対応が進むことが予想されます。

税務申告書の提出や相談窓口の設置などがオンライン化されることで、企業の手間やコストを削減することが期待されます。

また、税務署は最近、AI技術を導入して税務調査の効率化を図っています。

AI技術を活用することで、データの集計や不正の早期発見などを行い、効率的かつ公平な税務調査を行うことができます。

しかし、AI技術の導入に伴い、企業側はより正確な税務申告書の作成が求められることになります。

また、AI技術によって発見された問題に対しては、企業側が適切な対応を行うことが求められます。

税制改正に伴う節税対策のアップデート

税制改正に伴う節税対策のアップデートには、様々なものがあります。以下に代表的なものを挙げます。

1.新たな税制優遇制度への対応


税制改正によって新たに創設される税制優遇制度に対応することで、節税効果を狙うことができます。

例えば、地方創生関連の法人税特別措置や、特定の業種に対する減税措置などが該当します。

2.不動産所得の課税対策


不動産所得については、減価償却費の見直しなどにより、課税対象額が増加する傾向があります。

このため、不動産所得に対する節税対策が重要になります。

例えば、不動産投資信託(REITs)や不動産会社の株式を取得することで、所得税や住民税の節税効果が期待できます。

3.配当所得の課税対策


配当所得については、2022年からは課税率が引き上げられることが予定されています。

このため、配当所得に対する節税対策が重要になります。

例えば、特定口座やiDeCo(個人型確定拠出年金)を活用することで、課税前の収益を増やすことができます。

4.税務申告書の適正化


税制改正によって税務申告書の記載内容が変更される場合があります。このため、申告書の適正な記載が求められます。

また、税務署の対応がオンライン化されることに伴い、申告書の提出や確定申告の相談などをスムーズに行うために、事前に必要な情報の収集や整理を行うことも重要です。

税制改正に伴い、節税対策もアップデートが必要となります。

特に、不動産所得や配当所得に関する課税の見直しが予定されているため、不動産や株式投資などの資産を持つ企業にとっては、節税対策の見直しや戦略の再考が必要となる可能性があります。

【まとめ】

2023年には、労働法やプライバシー法規制、知的財産法、外国人労働者に関する法的手続きなど、多くの法律情報が改正される予定です。

また、消費税や税務調査、節税対策についても新しい情報が出てくることが予想されます。

これらの情報をしっかり把握し、企業の経営戦略や事業計画に反映させることが、今後のビジネス成功につながるでしょう。

注意点:当サイトは法律アドバイスを行うものではありません。情報の正確性には最大限の注意を払っていますが、内容の正確性については保証できません。必要に応じて、専門家のアドバイスを求めてください。


お問い合わせ画像

CONTACT

お問い合わせ・無料相談

まずはお気軽にお問い合せ・ご相談ください。

受付時間8:30-20:00 (土日祝も元気に営業しています)

お問い合わせ画像

まずはお気軽にお問い合せ・ご相談ください。

受付時間8:30-20:00 (土日祝も元気に営業しています)